ムダ毛 自己処理

ムダ毛自己処理の副作用

ほとんどの人がムダ毛処理に悩んでいる

カミソリ・除毛クリーム・毛抜き・ワックス・テープなどなど、ムダ毛の自己処理の道具は数多くあります。ここで、気をつけたいのは強引なムダ毛自己処理は副作用の元という点です!
敏感肌の方などは、特にカミソリでムダ毛処理をすると、処理後の痒みが酷いと思います。かといって、ムダ毛の処理は欠かせませんよね・・・
また、毛抜きなどでムダ毛処理をしている方に多いのが肌に埋まったムダ毛です。お手入れ回数の多いワキや膝下あたりに見られる、これらを「埋没毛」と呼びます。しかたなく毛抜きなどで無理矢理ほじって抜いたりして・・・痛いですよね。でも、そのままの自己処理法でムダ毛を処理し続けると埋没毛は色素沈着してしまうのです。シミの一つになりかねません!このように、自己処理は自分でできるという気軽さがありますが、その反面、肌へ与えるダメージも大きいという危険性もあるのが事実です。「痒み」「肌が赤くなる」「赤いプツプツができる」「毛穴が黒ずむ」「シミ」などが多く見られるダメージの症状でしょう。余りにも肌荒れが酷いと、皮膚科での治療することも・・・。ムダ毛処理をする際には、なるべく肌に負担をかけないようにしたいものですね。

 

ムダ毛の

子供のお肌にも使える優しさ  自宅でエステ!?パイナップル豆乳ローション

 

ムダ毛処理で副作用を起こさないための知識

ムダ毛を自己処理する際に肌に負担かけない方法としては、カミソリでの処理ですと石鹸やボディーソープなどでは、お肌から水分を奪ってしまうのでシェービングローションを必ず使用します。滑りをよくしてから剃り、処理後はローションやクリームなどをたっぷり塗る。除毛クリーム・ワックスなどを使う場合は、必ず注意書きを読み、パッチテストを行ってから使用する事が非常に重要です。あと、ムダ毛処理に使用する道具は清潔に保つ。また、生理中はホルモンの関係で肌が敏感になっているので、生理中のムダ毛処理を控える。などといった方法で、なるべく肌に負担をかけないようにしましょう。
肌の露出が多い服を着るときなど、ワキ・腕・足のムダ毛がかなり気になるもの!「ダメージを受けた肌はできるなら見せたくない」と思うのが女心ではないでしょうか。ムダ毛処理の際に、お肌の負担を減らせながら、美容効果を与える抑毛ローションを1度使ってみると良いかもしれません。

 

分子の小さい驚きの浸透力  大手サロンも採用 ムダ毛が薄くなる抑毛ジェル

 

 

脱毛クリーム/TOP

TOP