コントロールジェルME

分子が小さいコントロールジェルME

ムダ毛処理の悩み

日々のムダ毛の処理・・・。それは女性にとって大きな悩みの一つではないでしょうか?
ムダ毛処理の方法は色々ありますが、カミソリでムダ毛処理という方が多いかもしれませんね。ただ、問題点があり敏感肌の方は剃った後どうしても痒くなってしまいます。

 

しかし、脱毛技術も進化し肌に負担がなく、楽にできるムダ毛処理出来る商品として抑毛ローションが生まれました。抑毛ローションは「ムダ毛を薄くする」ローションで、即効性こそありませんが塗るだけの3か月で、ムダ毛は徐々に薄くなっていきます。そんな、抑毛ローションの中で、最もお肌に優しく抑毛効果の高い優良なローションが「コントロールジェルME」という無添加で天然成分をふんだんに配合した抑毛ローションです。

 

この「コントロールジェルME」は、日々進化し使用者を満足させ続けて、実は14年も前から販売されている商品です。
商品力が落ちるのを防ぐため、新規顧客を毎月100人までしかとらない販売戦略をとっているので、知名度が上がるまで時間がかかった感はありますが口コミが口コミを呼び得た人気と信用は魅力的ですね!

 

最も分子が小さい抑毛ローション  コントロールジェルME

コントロールジェルMEの特徴

コントロールジェルMEの特徴としては、お馴染の「大豆エキス」と「ヒオウギエキス」を使っているという所が1点です。

 

なぜ大豆なの?

それは、大豆に含まれている「イソフラボン」という成分が、ムダ毛を薄くする効果が他の成分より高いので、イソフラボンを使うことで、よりムダ毛を薄くする効果があるからです。またイソフラボンには美肌効果もあるので、コントロールジェルMEを使うことで、ムダ毛処理後の黒ずみ、毛穴の広がりなどにも効果があります。

イソフラボンじゃないとだめ?

ムダ毛は女性にも男性ホルモンがあるため生えてくるのですが、女性ホルモンにある一つ(エストロゲン)と似たような効能があり、毛根にある細胞に直接浸透し働きかけるのでムダ毛の成長を抑えてくれる効能があるのです。

コントロールジェルMEの使用方法

「コントロールジェルME」は、無添加・天然由来の成分なので、赤ちゃんから大人まで使うことができます。更に全身に使えるので、コントロールジェルME1本で、全身のムダ毛処理ができます。使い方も簡単で、お風呂上がりの毛穴が開いた状態で、「コントロールジェルME」を塗りこむだけ!たった、これだけで徐々にムダ毛が薄くなってきます。

パイナップル豆乳ローションとの違い

最後に、「パイナップル豆乳ローション」との違いです。パイナップル豆乳ローションも素晴らしい商品ですが、分子が大き過ぎて商品力を発揮しきれていません。しかし、コントロールジェルMEは、その分子レベルを細分化し肌に吸収されるように細心の工夫がなされているのです。もちろん個人差はありますが、ムダ毛処理にかかる時間と手間を考えれば、塗るだけ抑毛ローションは簡単で楽です。ムダ毛を徐々に薄くするには、秋から冬にかけての肌の露出が少ない時期がチャンスです。ムダ毛処理から解放されてみませんか?

 

今のムダ毛処理で満足していますか?  ムダ毛を自然に薄くする話題の抑毛ジェル

 

 

脱毛クリーム/TOP

 

 

TOP