妊娠 ムダ毛処理

妊娠中の脱毛について

妊娠と光脱毛やレーザー脱毛

エステサロンの光脱毛、クリニックのレーザー脱毛。どちらも大仰な機械で、脱毛以外に身体にどんな影響があるのか心配ですよね。特に妊娠中は胎児への影響が絶対に気になるところ。でも、妊娠していることに気づかずにうっかり脱毛処理をうけてしまうなんてこともあります。結論から言うと、光脱毛やレーザー脱毛が胎児に悪影響を与える可能性はかなり低いです。光脱毛もレーザー脱毛も照射する光やレーザーは、遺伝子を傷つける波長のものではないそうです。紫外線やX線は、波長が短くエネルギーが強いため遺伝子に悪影響を与えるといわれています。光脱毛やレーザー脱毛は、波長が長くエネルギーはありますが、毛根に働きかける程度のもので、細胞内部の遺伝子にまでは影響しないようです。うっかり受けてしまったとしてもあわてないでくださいね。

 

最も分子が小さい抑毛ローション  コントロールジェルME

エステサロンやクリニックと妊娠中の脱毛

光脱毛やレーザー脱毛が胎児に悪影響を与える可能性がかなり低いとしても、エステサロンやクリニックでは妊娠中の脱毛を断っているところが多いようです。脱毛期間の途中であれば、スケジュールを変更したり、休止期間になったりなどするようです。理由の一つには、妊娠中はホルモンバランスが狂い、脱毛処理をしても効かないなんてことがあるようです。もう一つには、妊婦は精神的に不安定なため脱毛処理のような緊張を強いることは避けたほうがよいという判断があります。また、電気脱毛のように痛みの伴う脱毛処理は、子宮が収縮するおそれがあるので、これは絶対に避けたほうがよいでしょう。妊娠中は、身体的にも精神的にも刺激の少ない生活を心がけたほうがよいでしょう。それでも気になるかたは、コントロールジェルMEのような天然成分100%の抑毛剤などを使ってみてはいかがでしょうか。

 

今のムダ毛処理で満足していますか?  ムダ毛を自然に薄くする話題の抑毛ジェル

 

 

脱毛クリーム/TOP