陰毛 処理

陰部・肛門の陰毛処理方法

陰毛処理の前に正しい知識を

 

陰部・肛門などの陰毛処理はシークレットゾーンやハイジニーナなど様々な呼称があります。脇・顔・腕・スネなどよりも更に皮膚が弱く敏感ですし、内臓や性器もあるデリケートゾーンなので特別な注意を払わなければなりません。特別な注意や適切な処理方法を行うために、まずは正しい知識を身につけましょう。

 

VIO脱毛のVライン(ビキニライン)は比較的処理しやすい
  • VIO脱毛のV・ビキニライン(Vライン)

陰部脱毛は、業界でVIO脱毛の事を指します。Vライン(ビキニライン)・Iライン(性器周り)・Oライン(肛門周辺)の略称ですね!まず、ビキニラインですが比較的、処理がしやすい様です。可愛い形にするデザインカットなども流行りのようですし注目度の高い脱毛部位です。こちらは、IOラインに比べ皮膚が強く処理しやすいです。とは、いえ出来れば脱毛エステや脱毛器を使う事が安全です。
それでも、ご自分で!っと言う方に関しましては「腕毛・スネ毛・胸毛など毛深い剛毛お手入れ方法」をご参考にムダ毛処理して頂ければと思います。

 

ムダ毛の

 

脱毛エステについて詳しく知りたい方 ⇒ コチラ

脱毛クリニックについて詳しく知りたい方 ⇒ コチラ

家庭用脱毛器について詳しく知りたい方 ⇒ コチラ

  • VIO脱毛のIライン(性器周辺)・Oライン(肛門周辺)

かなり、敏感にムダ毛処理していく必要があると言っても良いでしょう。特に性器周辺の皮膚の色が比較的黒くなっている部分は要注意です!これは、他の部分と比べ皮膚が薄いから黒く映るんです。例えば、性器・肛門から1㎝周辺のイメージ。そんな箇所に、カミソリ刃を直接当てたり、毛を引っこ抜いたりして良いわけないですよね!?どのように脱毛していくかですが、脱毛エステや脱毛クリニックで専門家に見て貰うのがベストです。

 

光脱毛(エステ脱毛)の専門情報サイト ⇒ コチラ

レーザー脱毛(医療脱毛)の専門情報サイト ⇒ コチラ

 

ただ費用もかかりますし、恥ずかしくもあります。
そういった方には抑毛ローション「コントロールジェルME」がオススメです。
浸透力が高く、その他の抑毛ローションよりも即効性もあり、剛毛にも効果抜群です。用法を守り3カ月年ほど使えば驚くほどの効果が期待できる優良抑毛ローションです。
※脱毛クリームは危険なので使用は控えましょう。
せっかく、Vラインを可愛くデザインカットしたのにIライン・Oラインのお手入れをしていなくてガッカリなんて事がないように正しい知識・正しい手段で陰部(性器・肛門周辺)の陰毛お手入れをしましょう。

 

今のムダ毛処理で満足していますか?  ムダ毛を自然に薄くする話題の抑毛ジェル

 

 

脱毛クリーム/TOP

TOP